topimage

blog@U-o-U.net

人喰島(原題『Destined to Be Ingested』2008アメリカ) 2011-11-02

人食い鮫×食人族×ゾンビが襲いかかる恐怖の島!
生還をかけた人間たちの壮絶な戦いを描いたサバイバル・ホラー!


って…

主人公の女性とその旦那、主人公の友人らしき美女とその旦那のデブ
4人のクルージングの案内役の船長

まずは、デブと船長が喧嘩を始めます。そして2人で海に転落!
そこへ人食い鮫がやってきますが、無事に船に上がることができます。
これで、人食い鮫の出番は終了。

船長が真昼間に南がどっちかも分らないくらいアホで迷子になり無人島にたどり着きます。
そこで、主人公夫婦は森へ、美女とデブ夫婦は海岸に残ります。
船長が海上から美女を見ていると…
いきなりデブは投げ槍に体を貫かれて…美女も逃げようとしますが人食族に捕まります。
それを見て船長は逃げてしまいます。
デブは、まだ生きていたようですが、内蔵を抜かれて殺されてしまいます。
相手は、人食族ですから2人とも食われてしまったと思います。

主人公夫婦は、船長が逃げたのを目撃して元の海岸へ…
そこには血痕があるだけ…「やばい!」と思い、2人は洞窟に逃げ込みます。

主人公の夫はアル中らしく、その出来事がフラッシュバック映像で出てきますが、
アル中って分るくらいで特になくても問題ないような映像です…

夫はイカダを作って脱出しようとします。
イカダができれば、ダメ人間と決別できる!とも考えています。

イカダ完成!!って座布団くらいの大きさしかありません!
試しに乗ってみますが沈みます(当たり前だw)
やっぱりあんたはダメ夫だよ…

ダメ夫が飲んでいたビールの王冠が元で人食族に発見されます。
海に逃げ込んで主人公の名前を呼び助けを求めますが…
殺されてしまいます。
主人公も人食族に捕まりますが、なぜか殺されずに怪我の手当をしてもらいます。
村には連れて行かずにひっそりと主人公を匿っています。
主人公と人食族に愛が芽生え…

いきなり6ヵ月後、主人公は妊娠しています。
人食族の村に主人公は連れて行かれます。匿っていた人食族はどうやら部族長の息子らしいです。
そして、突然の部族長の死…葬儀では息子が部族長を食べます。
初めての人食いシーンですが、この一食いで人食いシーンは終了です。
部族長の家で2人で生活することになるのですが、主人公が元旦那の飲んでいたビールのビンを発見。
「殺したのね」って、おい、気が付いてなかったのかよw
まぁ特に問題もなく、この話題は終了。

ここで何の脈略もなくゾンビ登場!!。なぜか食われたはずの美女とデブ夫婦も
ゾンビの中にいます。

ゾンビと戦う人食族ってか一瞬で全員やられます。部族長の息子は、主人公を逃がし、
ゾンビと戦いますが…相討ちでゾンビになります…

主人公は浜辺まで逃げます。
元旦那もゾンビで出てきますが撃退!
部族長の息子もゾンビで出てきますが撃退!

カヌーに乗ろうとしたトコでエンドロール…

なぜか最後までノンストップで観てしまう面白さ?はあります。
シナリオが悪いだけで実は監督は凄いんじゃないかと…
もう、突っ込みどこ満載で面白いです。

お勧め度:★★★★


    

トラックバック

この記事のURL
http://blog.u-o-u.net/index.php?itemid=298

トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.

ローカル・トラックバック